女子でもできる!夜勤のお仕事

意外と魅力の多い「夜勤」について

実際に夜勤で働くためにはどうすれば良いか

女子でもできる!夜勤のお仕事

夜勤で働くには?

夜勤で働くには?

夜勤のお仕事に興味があり、実際に働いてみたいと思う人に向けて、求人を探す際にチェックしておきたいポイントや、求人の探し方を紹介します。お仕事の種類によってチェックするべきポイントは違います。また、仕事探しの方法にもいくつか種類がありますので、どの方法が自分に合っているかを考えてみましょう。自分に合う方法が決まったら、実際に求人を探す際のコツもあわせて紹介していますので、これを機会に夜勤のお仕事を始めてみましょう。

  • 夜勤の求人探しのポイント

    夜勤の求人を探す際には、お仕事の種類ごとに意識すべきポイントがあります。まず夜勤専門看護師の場合は夜勤1回につきどれくらい稼げるかを確認しましょう。手当の有無で収入が変わってきますので、より良い条件で働くためにも忘れずにチェックしてください。また、夜勤専従介護士の場合、求人を応募する前に施設見学に必ず行くようにしてください。求人情報だけでは見えてこない部分を確認しましょう。そして工場夜勤を希望する場合は、勤務地の確認などが重要になってきます。

  • ハローワークでお仕事探し

    お仕事探しでハローワークを利用する際に知っておくべきポイントを紹介します。ハローワークは国が運営する職業紹介所のため、無料で様々なサポートを受けることができます。ハローワークのサポートを最大限活用するためにはハローワークカードを作る必要があります。これがあれば企業からのスカウトを待つこともできます。また、端末を使って求人を検索する際にはちょっとしたコツがありますので、上手に検索をして自分にマッチするお仕事を見つけ出しましょう。

  • 転職サイトを活用しよう

    転職サイトはハローワークと比べると優良な求人が多いという特徴があります。転職サイトに求人情報を掲載するには掲載費用を払う必要があるので、採用に積極的な企業が多いのです。実際に利用する際は、スカウト機能のある転職サイトがおすすめです。もしかすると、思ってもみなかったようなところからスカウトが来るかもしれません。また、複数の転職サイトに登録をして、取りこぼしがないように求人をチェックしていくことも重要です。

  • 友人や知人の紹介で働こう

    ハローワークや転職サイトでの求人探しは一般的な方法として多くの人が利用していますが、その他にも友人や知人の紹介で探すという方法もあります。周りにそのような人がいなければもちろん無理ですが、もし自分の希望するお仕事で働いている人がいるならまずは積極的に話を聞いてみましょう。この方法は採用される確率が高いというメリットがあります。ただし、すぐには辞めにくいなどのデメリットもありますので、メリット・デメリットは事前にしっかり確認しておきましょう。